豊中市宝山町の整骨院 ふるかわ整骨院

06-4865-9262

(平日、土曜 9:00~20:00)

ふるかわ流 スポーツ上達法

逆立ちはバランスの美学

スポーツでもっと上を目指したい、今より上達したいと考えている方は是非一度、ご自身の体の歪みに関心を持ってください。
その歪みがあるせいで、ある時点から伸びや悩んでしまう可能性があるからです。
例えば、逆立ち。
普通に立っているだけならバランスの崩れや歪みに気づきにくいですが、逆立ちだとそれが顕著に表われます。逆立ちをした時に傾いている、一方の手ばかり疲れる、といった分かりやすい状態の場合は、体の歪みを疑ってください。
逆立ちは人間が普段はしない姿勢なので、ちょっとした歪みが表われやすいと言われています。

絶対に必要なのは、客観的な分析

アスリートには主観というものがあります。自分自身の感覚で出来ている、出来ていないという判断をするのは、この主観です。この主観はとても大切なものですが、ある程度以上のレベルになると、この主観だけでは伸び悩んでしまいます。
スポーツ上達法 ふるかわ整骨院そこで必要になるのが、客観的な分析です。
バッティングで伸び悩んでいる野球選手が、自分のバッティングフォームをビデオ録画して分析するというのはよく行われていることです。スイングはとても良いのに打球が伸びないのは、バットの位置やボールと当たるタイミングが正しくなければ、せっかくのフルスイングがボールに伝わらず長打は生まれません。
あらゆる競技にこれは共通しており、自らのフォームや体のバランスを客観的に分析することで、必ず「その先」が見えてきます。
スポーツで伸び悩んだら、ふるかわ整骨院の「Sports Condition Room」をお役立てください。

歪んだままの猛練習は、実は逆効果

スポーツで伸び悩むと、その分を練習量で補おうとする心理が働きます。それがどこまで効果を持っているのか分からなくても、とにかく何かしていないと落ち着かないという理由もあるでしょう。
しかし、根本的な問題が残ったまま猛練習は、むしろ逆効果です。ふるかわ整骨院では「竹馬理論」によるバランスの重要性を提唱していますが、左右の長さが違う竹馬のままで猛練習をすると、変なバランス感覚が身に付いてしまったり、ひどい場合は故障の原因になってしまうのです。
伸び悩んでいる時こそ、急がば回れ。
まずはご自身の体の使い方、バランスに関する現状をしっかりと知っていただき、科学的な裏付けのある対策を講じてください。ふるかわ整骨院は、「ゆがみーる」による歪み分析や、その結果に基づく歪みの矯正を通じて、さらに上を目指すアスリートを応援します。